JAバンク山梨

JAバンク山梨 地域農業応援サイト
JA山梨信連のご案内

ニューファーマー育成スクール

これまでの開催結果(平成28年度)

第1回JAバンク山梨ニューファーマー育成スクール開催

 平成28年10月11日(火)、JA会館南別館で開講した「JAバンク山梨ニューファーマー育成スクール」についてご紹介します。

 本スクールは、農業経営専門コンサルタント「NPO法人日本プロ農業総合支援機構」(通称:J-PAO)の支援・協力のもと、高度な農業経営を目指す県内在住の若い農業者を対象として、「将来を見据えた農業経営の高度化」をテーマに、経営スキル、経営改革プランニング、経営者マインドの3つの視点からアプローチする直接指導型スクールです。開催期間は平成28年10月11日から平成29年3月16日までで、群馬県・長野県への先進地視察を含め全12回開催し、J-PAOコンサルタントをはじめ各界の専門家や先進農園経営者を講師に招き、会計・販売・雇用・農業ビジネスの知識やノウハウを学びながら、受講者自ら“農業経営改革プラン”を策定します。

 初回の開講日では、オリエンテーション、自己紹介を皮切りに、 県内の先進経営農家「(有)ぶどうばたけ代表三森氏」に“経営者能力開発”をテーマにご講演いただいたうえで、この講演内容に対する受講者相互の活発な意見も交わされ、受講者の前向きな取組意識・姿勢が感じ取れました。また、山梨日日新聞が当日取材に訪れ、翌日の朝刊で取り上げられました。

1. オリエンテーション【13:00~14:00】

 本会山縣常務の開講挨拶を皮切りに、オリエンテーションを実施し本スクールの主旨・目的や進め方を説明したうえで、受講者同士の自己紹介を行いました。

受講者同士の自己紹介は、ハイタッチも交わしつつ行われ
少し緊張もほぐれ、距離間も近くなりました

2. 先進経営農家講演【14:15~15:45】

 先進経営農家講演では、“経営者能力開発・経営戦略とビジネスチャンス”をテーマに(有)ぶどうばたけ代表の三森氏を講師に招き、農村の活性化も考慮しつつ、明確なビジョンを基に事業展開することの重要性等を学びました。

三森氏による講演の様子。受講者は皆真剣に聞き入り、質疑も活発に行われました。

3. 意見交換会【16:00~17:00】

 最後の意見交換会では、三森氏の講演を受けて、受講者自身に印象に残ったこと等について話し合い、自分とは違った捉え方や考え方を聞くこともでき、活発な意見交換がされました。